Apple M1は8コアCPU、8コアGPUとなっていてパソコン向けにしてはスケールが抑えめになっていますので、16インチモデル用のApple M1Xチップでは、現在の噂では 12コア(高性能:8 + 省電力:4)になる可能性 が指摘されています。また、動作周波数も高くなるだろうと言われています。 M1チップ搭載のMacBook Air(M1、2020) の実機レビュー。場合によっては最上位のMacBook Pro 16インチに匹敵するような性能で、かつ非常に消費電力が低い画期的な製品。ただし、LTEに対応していない点と、重い点はデメリット。 現在のメインマシーンは、M1 MacBook Pro。毎日欠かさず使っていた16インチ型MacBook Proを使用する機会が完全に失われていたが、M1では動作しないアプリケーションがあり起動した。久しぶりに16インチモデルを使って気づいたことをまとめておく。M1 Macの購入を検討している人は参考にして … ※4:Apple M1チップ搭載MacBook Pro:8GBのRAMと512GBのSSDを装備したApple M1チップ搭載13インチMacBook Pro試作モデルを使用し、2020年10月にAppleが実施したテスト結果によります。詳しくはメーカーサイトをご覧ください。 ※5:重量は構成と製造工程によって異なります。 AppleのM1チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)」をチェック 【速報】M1チップは13インチMacBook Proにもやってくる! #AppleEvent 台湾の調査会社によれば、アップルが今年、独自チップM1シリーズを搭載した新型のMacBook Proを発表するという。14インチと16インチの2種類。 アップルのM1チップを搭載した「Mac mini」は、小型デスクトップPCとして間違いのない選択肢になる:製品レビュー 2021.1.16 17:00 WIRED 文字サイズ 印刷 いつ モノコト. しかし、M1チップは、Intel CPUと互換性がありません。 M1チップ搭載MacにもBootCampアシスタントがありますので実行しました。 やっぱり駄目です。(笑) ただ、Apple側の対応としては、M1搭載MacでArm版Windows 10は、動作可能です。 「パーソナルコンピュータでは世界で最も速い統合型グラフィックス」: 16GBのRAMを装備したApple M1チップ搭載13インチMacBook Pro試作モデルを使用し、特定の業界標準ベンチマークを使って、2020年10月にAppleが実施したテスト結果によります。テスト実施時に市販されていたノートブックおよびデスクトップコンピュータ向けの最高性能の統合型GPUと比較しまし … Appleは、自社開発のCPU「M1」を搭載した新しいMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniを発表した。日本では11月17日から発売し、価格はMacBook Airが104,800円から、13インチMacBook Proは134,800円から、Mac Miniが72,800円から。 ©Copyright2021 HIRAMAのひとりごと.All Rights Reserved. * 2003年9月30日以前に販売された、「PCリサイクルマーク」のないコンピュータは除きます。 Apple M1チップ搭載MacBook Pro:8GBのRAMと512GBのSSDを装備したApple M1チップ搭載13インチMacBook Pro試作モデルを使用し、2020年10月にAppleが実施したテスト結果によります。 M1チップ搭載のMacBook Air(M1、2020) の実機レビュー。場合によっては最上位のMacBook Pro 16インチに匹敵するような性能で、かつ非常に消費電力が低い画期的な製品。ただし、LTEに対応していない点と、重い点はデメリット。 M1チップとは、Appleが独自開発した自社製チップのことです。 多額の費用と10年以上の時間をかけて開発されました。 CPUやGPU、Neural Engineなどといったパソコンを動かすために必要なものを、1つのチップに組み込んだものをM1チップと言います。 Appleが発売したM1チップ搭載のMacBook Air、Proはその性能の高さで大きな話題となっています。この性能について、新たな検証結果が公表され、13インチMacBook Proを2万円でメモリを増設することで16インチMacBook Proで35万円程度のモデルに迫る性能となることが判明しました。 他の人のYouTubeでMacBook Pro 16インチの8コアCORE I9ではPro 16が上回っていたけど、6コアCORE i7では「M1」のMacBook Airの大量得点による勝利というところです。 「M1」チップのMacBook Airはかなり爆速処理能力を持つMacです! <MacBook Airはどんな人向け?> 2020年の後半頃にAppleから、今後Intelの処理装置ではなくApple独自のARMベースの処理装置をMacシリーズパソコンに採用していく方針であることが発表され、実際に2020年秋ごろにApple M1という名の独自チップを採用したMacBook Air、Mac mini、それから13インチMacBook Proが発表されました。, MacBook Proの16インチモデルについても現行モデルは2019年のものになりますので同時期に更新されても良かったわけですが、現状更新されておらず、まだ最新モデルはIntelの処理装置を利用しています。 そして次のモデルについては2021年に登場するという説が有力となっています。, この記事では現在噂されている16インチMacBook Pro 2021年モデルの情報を紹介していきます。, こないだApple独自チップを採用したMacBook Airなどが発表されたときに16インチのMacBook Proも同時に登場してもよかったのですが、結局登場しませんでした。 どころか、これらのApple独自チップMac(ARM Mac)が登場する前に、最後のIntel CPUモデルとして16インチMacBook Proの2020年モデルについてだいぶ前から噂されていました。, MacBook Pro 16インチ 2020年モデルの情報【もはやゲーミングPC】, こちらについてはIntelが第10世代のハイエンドモバイル向けCPU(Comet Lake-H)を発表したことでハードウェア構成の有力な候補があがっていたわけですが、結局第10世代のハイエンドモバイル向けチップを搭載する16インチMacBook Proは登場していません。 というかもはや最近登場したApple独自チップ(Apple M1)採用のMacBook Airのパフォーマンスが現行品の16インチMacBook Proの最高構成時の性能を超えてしまったこともあって、もはや今後Intelのチップを採用する意味はないでしょう。, 言い方を変えると、次の16インチMacBook Proは確実にApple独自チップを採用するでしょう。 もちろん、16インチMacBook ProはMacシリーズの中でも最もAppleが力を入れている製品の一つですので、次のモデルが登場しないということはありえません。, それでは早速、2021年モデルの特徴について、現在噂されているものを紹介していきます。, ついに登場したApple独自チップ採用のMacBook Airおよび13インチMacBook Pro、Mac miniのデザインがIntel時代の時とほとんど変わらなかったことを考慮すると、きっと16インチMacBook Proでも変化はないのでしょう。 そうとなると、主に改造されるのは中身です。 パソコンの中身の中で最も重要なものといえばやはり処理装置でしょう。 というか「Apple独自チップ採用」という呼び方をしている以上、チップ(処理装置)が最重要なのは自明ですね。, そして2021年モデルに採用されると言われているのは13インチMacBook Proと同じくApple Mシリーズチップです。しかしながら13インチモデルと同じようにApple M1チップが採用されるわけがないので、Apple M1シリーズをベースに、コア数や動作周波数などを更に高めた「Apple M1X(仮称)」か、あるいは次の世代に移って「Apple M2(仮称)」チップが採用されるのではないかと言われています。, Apple M2チップについては現在、2021年に登場するであろうApple独自チップを採用しているデスクトップMacパソコンシリーズ(iMac等)にも採用されると言われています。, 基本的には名前が違うだけで、Apple M1XもApple M2も噂上ではそこまで仕様に差はないようです。あくまでも噂上の話ですがね。, ただイメージとしては、Apple M1XはApple M1と同じ世代ではあるもののハイエンドデバイス用にレベルアップされている感じで、Apple M2はそもそも次の世代のデバイスに採用されそうな感じです。 そのため、個人的にはApple M2は次の13インチMacBook Pro等に採用される気がするので、16インチモデルに採用されるのはApple M1Xなど、M1をベースにしたものだと思います。, Apple M1は8コアCPU、8コアGPUとなっていてパソコン向けにしてはスケールが抑えめになっていますので、16インチモデル用のApple M1Xチップでは、現在の噂では12コア(高性能:8 + 省電力:4)になる可能性が指摘されています。また、動作周波数も高くなるだろうと言われています。, そうなると従来の16インチモデルより性能が高いのはもちろんのこと、おそらく最新のiMacおよびiMac Proの性能をも普通に超えてくると思います。, 【Intel涙目】最新MacBookに採用されたApple M1チップの性能を徹底調査, かなり漠然とした見出しですが、16インチモデルには、13インチモデル(MacBook Pro)のもの以上に優秀であるGPUが搭載されるかと思います。というのも、従来の16インチモデルについても13インチモデルとは異なり、AMDのRadeonグラフィックスがCPUのパッケージとはまた別の場所にdGPUとして取り付けられていて、非常にグラフィックが凝ったものになっています。, そのおかげで従来の16インチモデルではオプションによっては普通にゲーミングノートパソコンレベルのグラフィック性能を実現したりしています。おそらく今後も16インチモデルについてはグラフィック性能にこだわりを持ち続けると考えられますので、Apple独自チップについても更なるGPU性能が求められます。, と、ハードルを上げましたが、実際のところ既にApple M1チップの内蔵GPUの時点で、一時期大活躍していたNvidiaのローエンドGPU「GeForce GTX 1050 Ti」の性能を超えていましたので、GPUのコア数をCPUのコア数と共に増やしてクロック数も調整すれば余裕で従来の16インチモデルのグラフィック性能を超えることができるでしょう。, ただ、GPUについてはやはりCPUと一緒にパッケージングするよりもdGPUとして外付け形式で設置した方がスペースを確保することができ、より高性能にすることができます。いくらApple M1X(仮称)チップの内蔵GPUが高性能だからといっても、次世代のAMD Radeon GPU(外付け)に勝るとは限りません。スペースの事を考えると内蔵GPUの方が圧倒的に優秀ですが、従来モデルはdGPUを設置してもあの薄さを保てているので正直張り切って内蔵GPUに移行する必要性も感じません。 そこで、GPUについては従来通りAMDのものが採用されるのではないかとも噂されている現状です。, ARM Macに搭載されるグラボが最強すぎると話題に【Radeon Navi 30】, 実際に最新のmacOSからそれっぽいコードが見つかったとかいって話題になっていた時期もありましたね。↑, いずれにせよ、従来の16インチモデルよりは圧倒的にハイパフォーマンスになるでしょう。, 従来の16インチモデルではUSB Type-Cポートを通して、Thunderbolt 3通信やUSB 3.2 Gen2通信などがサポートされています。 そして2021年モデルでは13インチモデルのように、USB Type-CポートでUSB4通信が行えるようになるでしょう。とかなんとか言っちゃってますが、そもそもUSB4はThunderbolt 3の言いかえだったりして全く同じ通信なのでサポートされるのは当たり前です。, 下の記事でUSB4があたかも別規格であるかのように解説した覚えがありますが、いつの間にThunderbolt 3と一体化したんですね。, Thunderbolt 4がサポートされたわけではありませんが、何となく名前が統一されてわかりやすくなってきました。, ちなみにUSB4ではThunderbolt通信として最大で40Gbps通信ができるものの、USB通信としてはUSB 3.2 Gen2通信までとなっています。, この記事のタイトル通りですが、この新しい16インチモデルが登場するのは2021年のになるだろうと言われています。そしておそらく2021年の前半に登場することでしょう。, となると、Appleが最も力を入れているはずなのに2020年モデルが全く存在しなかったシリーズということになりますね。今ざっと確認してみましたが、2010年頃から2019年に至るまで、16インチ(15インチ)MacBook Proが更新されなかった年は一つもありませんでした。 今年は例の新型ウイルスの流行などもあったうえに、Apple独自チップへの移行に移り始めたということでいろいろ忙しかったのでしょうか。 とりあえず来年が楽しみですね。, 【MacBook Pro】Radeon Pro 5600Mとは? 5500Mとの違いまで. そして、その新風はサーバ業界にも吹き込んでいる。 2022年にはハーフサイズのMac Proも ブルームバーグは7日、2021年の春と秋に新たなM1チップ搭載Macシリーズをリリースする予定だ … このM1Xチップを搭載する16インチMacBook Proと24インチiMacは、2021年3月に登場予定。 16インチMacBook Pro(M1X) M1Xチップ; 最大64GB RAMのオプション; 最大8TBストレージのオプション; 価格は2,399ドル〜 24インチiMac(M1X) M1Xチップ; デザインが刷新され … しかし、M1チップは、Intel CPUと互換性がありません。 M1チップ搭載MacにもBootCampアシスタントがありますので実行しました。 やっぱり駄目です。(笑) ただ、Apple側の対応としては、M1搭載MacでArm版Windows 10は、動作可能です。 M1搭載Macじゃなくて16インチ MacBook Pro 整備済を購入したほうが幸せになれる気がする, 210,800円〜から購入できる16インチ MacBook Pro。最高のMacBookが破格で購入することができる, M1搭載Macは処理性能高いみたいだけど、16インチ MacBook Proでも十分じゃね?, ソフトバンクが半額サポート使わせてくれなかった。機種変更して大変なことになりました, Apple Watch Series 3 で「watchOS 7」にまったくアップデートできない, Apple Watch Series 3 のストレージ不足を解消して「watchOS 7」にアップデートしました, MacBook Proが「バッテリーは充電できません」と表示されたときに試したいこと!, Mac!ファイル(データ)の置き場所はどこにしている?〜サラリーマンブロガーのMacファイル(データ)の管理方法〜, iPhone!SIMが引っかかってSIMトレーが取り出せないときにカンタンに取り出す方法!!, MacでExcel、Word、PowerPointといったOfficeを使うときの選択肢とは. 13インチMacBook Pro Apple独自チップモデルでは価格はそのまま、CPU性能やGPU性能などが従来のIntelモデルの数倍ほど高くなっている上、電力効率が改善されバッテリーの持ちが良くなっている; 特別な理由がない限り、Apple独自チップ(M1)モデルを購入するべき しまいには、「16インチ MacBook Pro より処理能力が高いんじゃないか」とまで言われている始末, そんな情報が出回ったら、みんなintel Macなんか買わないで、M1搭載Macを買うじゃん!, 「M1搭載Macを購入するより16インチ MacBook Pro 整備済を購入したほうが幸せになれるのではないかと!」, M1搭載Macシリーズにはない。16インチ MacBook Pro 整備済 の魅力を!!, AirもProも13インチまでだ。それなら数万円追加して16インチ MacBook Proを購入したほうがいい, 16インチぐらいのサイズになると、Safariを2つ開いて左右に並べても見やすいし、Excelなんかスクロールすることなく全体を見渡すことができる, 16インチ MacBook Pro はThunderbolt 3 のポートが4つある, 充電したいときも左右を気にする必要がないし、ハブだって好きなとこに接続することができる, 16インチ MacBook Proといえば、MacBookシリーズの中でも最高最強で、もっとも高いMacBookだ, MacBookシリーズで最大サイズのディスプレイを搭載したモデルを手に入れるには16インチ MacBook Proしかない!, ちなみに、ぼくが持っている16インチ MacBook Pro も整備済で購入しているが、まったく問題なくサクサクと動いている, ほとんどのひとがM1搭載Macで十分作業ができる!なんて言われているけど、16インチ MacBook Proでも十分作業はできるよ, たしかにM1搭載Macは気になるし、使ってみたいけど、13インチモデルしかないじゃん…, 今まで15インチ MacBook Pro や 16インチ MacBook Pro を愛用し続けてきたユーザーには、ディスプレイサイズが小さいんだよな, どんなにサクサク動いて、バッテリーの持ちが良かったとしても、ディスプレイサイズでストレスが溜まりそう, ってなことを考えると、作業効率の観点を考えると、M1搭載Macじゃなくて16インチ MacBook Pro だと思うんだけど、あなたはどう思う?, 1番の本音は、M1搭載の16インチ MacBook Pro が登場してくれること!, かと言って、M1チップ搭載型を使いたいがために13インチのMacBookシリーズにいくのも嫌だし、絶対使いづらい, いつM1搭載 16インチ MacBook Proが登場するのかまったくわからないけど、それまでは現行の16インチ MacBook Pro を愛用, そして壊れたとしても、整備済でもいいから16インチ MacBook Proを使い続けていこうと思う, MacBookシリーズの中で、作業効率が良くて、作業スペースが広いのは間違いなく16インチ MacBook Proだってことを!, 1986年4月14日生まれの34歳。ガジェットやブログ運営、仕事のコトを紹介するブログ「HIRAMAのひとりごと」を運営。日々記事を更新し”継続する力”を大事にしている人。. MacBook Pro 16インチを今年の春に買いまして、Apple M1チップ搭載の新型Macの方が性能が良いという噂を聞いて凹んでおります。おそらく僕と同じような境遇の人が多いと思うので、買い換えるとしたら何を買うのが良いか、いろいろと調べたり考えたりしたのでまとめておきます。 いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます! M1チップのMacBook Airを購入してから、ProとAirどっち使おうかで悩みます! ウィルパワー消失もいいところ・・・ M1のAirは性能が高い、Proはディスプレイが16インチと画面が大きくて作業がやりやすい。 奮発 ... このCPUテストの値は、Core i9を搭載した、2019年版16インチMacBook Pro(シングル1174、マルチ7241)を超えている。さすがにGPUは、ディスクリートの高性能版を積んでいるだけに、M1よりいい ... (Apple、M1チップを発表) すごくないですか? これ。Intel Core i9を搭載する 16インチ Macbook Proの性能超え。 参考までに、"16インチ Macbook Pro(Intel Core i9 2,300MHz 8コア)"と"M1チップ 8GBユニファイドメモリ Macbook Air"のベンチマークスコアを比較してみるとこんな感じ。 かと言って、M1チップ搭載型を使いたいがために13インチのMacBookシリーズにいくのも嫌だし、絶対使いづらい . M1版Macbook Pro Apple silicon「M1」チップ搭載初のMac「13インチMacbook Pro」の評価が高い。近年ここまでベタ褒めの製品はPCに限らず、久々じゃないですかね。 このMacbook Proは果たして買いなのか考えてみます。 M1版Macbook Pro 恐るべき性能 課題は? 恐る… 13インチMacBook ProがM1チップで新しい次元へ。CPUは最大2.8倍高速。グラフィックスは最大5倍高速。バッテリー駆動時間はMac史上最長。 【3点セット*6枚】MacBook Pro 13インチ 液晶保護フィルム AppleM1チップ 高光沢 Touch Barフィルム&トラックパッドフィルム付属 PET素材 超薄 防指紋 キズ防止 防塵 防滴 MacBook Pro 13 アクセサリー(2枚+2枚+2枚) (Macbook pro 13 AppleM1チップ 2020対応)がスクリーン保護フィルムストアでいつでもお買い得。 AppleのM1チップを搭載したMacBook Pro「MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)」をチェック 【速報】M1チップは13インチMacBook Proにもやってくる! #AppleEvent demiです。 2020年11月11日、ついにM1チップ搭載のMacが発表されました。 MacBook Air、 MacBook Pro 13インチ、Mac miniで新しいチップ搭載機種が発表されています。 もう世間の話題はM1チップかも MacBook Air、Mac mini、それから13インチMacBook Proが発表, 一時期大活躍していたNvidiaのローエンドGPU「GeForce GTX 1050 Ti」の性能を超えていました, 2019年のiPadを買った私がApple Pencilの代わりに使っている物【激安】. オンライン通販のAmazon公式サイトなら、エレコム インナーバッグ Surface Laptop 3対応 13.5inch 13.3インチ対応 MacBook Air, Pro 13inchモデル 【2020年11月発売 M1チップモデル対応】 ネイビー BM-IBMSL1913NVを パソコン・周辺機器ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け … Appleは、自社開発のCPU「M1」を搭載した新しいMacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac miniを発表した。日本では11月17日から発売し、価格はMacBook Airが104,800円から、13インチMacBook Proは134,800円から、Mac Miniが72,800円から。 「M1」チップを採用し、一世代前の最大3.5倍のパフォーマンスを発揮する、13.3型Retinaディスプレイ搭載「MacBook Air」(256GB SSD)。Apple MacBook Air Retinaディスプレイ 13.3 MGN63J/A [スペースグレイ]全国各地のお店の価格情報がリアルタイムにわかるのは価格.comな … ちなみに、MBP16インチのGPUさいつよプランに搭載されるAMD Radeon Pro 5600Mが ... むしろ16インチ ... TechCrunch:M1チップ搭載MacはeGPUをサポートしない ︎チャンネル登録で応援して頂ければ幸いです!https://www.youtube.com/channel/UCnvENHia-d6ZxYFpxViKV6Q/?sub_confirmation=1 … Appleは2020年11月11日に開催されたイベントでApple初のApple Siliconである 「M1」チップ を搭載した「 MacBook Air 」「 Mac mini 」「 MacBook Pro 」を発表しましたが、2021年にはApple Silicon搭載のiMacが登場する可能性があるとアナリストが予測しています。 このチップは、 2021年の春〜秋にかけて登場 する16インチMacBook Pro、エントリーモデルとハイエンドモデルのiMacに搭載される予定です。 他の人のYouTubeでMacBook Pro 16インチの8コアCORE I9ではPro 16が上回っていたけど、6コアCORE i7では「M1」のMacBook Airの大量得点による勝利というところです。 「M1」チップのMacBook Airはかなり爆速処理能力を持つMacです! <MacBook Airはどんな人向け?> ※記事中の価格.com最安価格やランキング順位は2020年12月16日時点の情報です。 Apple M1チップ搭載の第1弾モデルである、「MacBook Air」「13インチMacBook Pro」「Mac mini」 入門モデルの枠を超えた「MacBook Air」 MacBook Air. Apple M1は8コアCPU、8コアGPUとなっていてパソコン向けにしてはスケールが抑えめになっていますので、16インチモデル用のApple M1Xチップでは、現在の噂では 12コア(高性能:8 + 省電力:4)になる可能性 が指摘されています。 M1チップ搭載Macは、ユニファイドメモリアーキテクチャのメモリ(RAM)を搭載。現行のM1もモデルは、RAMを8GBまたは16GBから選ぶことができる。どちらを選ぶべきか。YouTubeチャンネル「Max Tech」が24日、RAMが8GBと16GBのMacBook Proを用意し、パフォーマンスを比較している。 今のエントリー機のM1チップ搭載のMacBook AirですらIntel製の16インチMacBook Proを超えて、iMacレベルの性能が搭載されているのだから、14インチMacBook ProはiMac Proレベルの性能を備える可能性も0ではない。そうなったらもはやそれはMacBook ProではなくiMacbook Proである。 M1チップ搭載Macは、ユニファイドメモリアーキテクチャのメモリ(RAM)を搭載。現行のM1もモデルは、RAMを8GBまたは16GBから選ぶことができる。どちらを選ぶべきか。YouTubeチャンネル「Max Tech」が24日、RAMが8GBと16GBのMacBook Proを用意し、パフォーマンスを比較している。 台湾の調査会社が伝えた: アップル「M1版MacBook Pro」14インチ/16インチ、今年後半に発表か 2021年01月18日 15時30分更新 M1チップを搭載(そしてTouch Barもある)新しい13インチ版「MacBook Pro」は、1,299ドル(日本では税別13万4,800円)から発売される。 Appleが発売したM1チップ搭載のMacBook Air、Proはその性能の高さで大きな話題となっています。この性能について、新たな検証結果が公表され、13インチMacBook Proを2万円でメモリを増設することで16インチMacBook Proで35万円程度のモデルに迫る性能となることが判明しまし … M1版MacBook Air/Proが驚きの性能で話題になった発売から3週間。12月8日、ついに待望だった、アドビの写真現像ソフト「Lightroom」にM1対応のユニバーサルアプリ版が登場した。ユニバーサルアプリ版は個人的にも待望だった 第6世代iPad miniは3月に発表?からアップルARメガネ(仮)、開発第2段階に?まで、最新アップルの噂をまとめてお届けします。 「M1チップ」の超高性能ぶりに世界が震撼 当初は様々な面で問題点も囁かれていたApple Silicon「M1」チップの評価が定着しつつあります。 驚くべき高性能だという点で…。 発表前は,「MacBook Pro16インチを凌駕する」という言葉が一人歩きした部分があり,Intel対応アプリや周辺機器の対応の問 … Apple M1チップを搭載した新型Mac mini ... M1 Rosetta 2 16インチMacBook Pro(2019)@Catalina; GeekBench 5 ... さて最後に残ったのはいつものWindowsアプリ。 ©2019-2021 BableTech All Rights Reserved. アップルは11月11日(日本時間)、2020年6月に予告していた独自の半導体(Appleシリコン)「M1」搭載Macを3シリーズ発表した。Mac mini、MacBook Air、13インチMacBook Proからなり、国内発売はいずれ いつM1搭載 16インチ MacBook Proが登場するのかまったくわからないけど、それまでは現行の16インチ MacBook Pro を愛用.